身にタッチペンを渡します

都内都知事の選挙をめぐってきました。
今日のウエザー恐れは夕暮れ内から小雨が降りしきるようなことだったので、早朝の早めの時間に投票所に向かいました。傘を持ち歩くといった、陰気臭いからです。
アパートの近所にあるセミナーが投票箇所で、そこに行くと学徒が地面の備えを通していました。中に入ると係員が丁寧な行為を通してもらえる。愛車で行っても良かったようですが、停留始める余裕は細いので歩いて出向くのが回答でした。
校内の通路にはシートが敷いていて、土足で歩いていっても良いようになっています。投票をするレクチャーに入るって、突破口近くの連絡係りに選挙のフォームを引き取り、帳簿といった確認してから投票フォームをもらいました。
投票を済ませてから、外に出るって新聞紙オフィスの腕章を付けた男の人が近づいてきました。多々思ったら、投票のアンケートに協力してほしいというのです。いわゆる出口確認はでした。そのようなことはやっとだったのですが、報いることにしました。
その新聞紙オフィスのユーザーは大きなモバイルを開いて、身にタッチペンを渡します。その鉛筆でケータイに表示された情報にタッチしていきました。最後に、だれに投票したかの応用が出てきたので、これも選ばなければないのかと聴きましたら、そこはしっかり入力して下さいと言われました。そういったことはプライバシーではないかと思いましたが、出口確認は通信もかわいく聞いていたので、そういったものだと思って自分が投票した人物の称号をタッチしました。東京都足立区で闇金問題を相談する

身にタッチペンを渡します