相当なもので

英会話が大好きで、留学しました。ネイティブの人の中で、米国で生活することに憧れ、愛らしい気持ちで行きましたが、最初はほんとにエネルギーエネルギーの耐久でした。英文が大好きで、日本でも出発前に年中英会話実習で習い、幼い頃から、見よう見まねの英文を話してみたりしていたので、自分なりには自信があって行きましたが、フィールド到着後最初にオーダーしたマクドナルドの飲料が通じませんでした。こういうダメージは、相当なもので、自分に自信があっただけに、どうにかどうして英会話をupさせたら良いのか、甚だ悩みました。現地の英会話実習に通うようになり、世界中からの留学生の中で揉まれながら勉強していくうちに、日本では文法ばっかり習っていたことに気がつきました。文法は聞き取れるのに、ワード、筋道が随分通じませんでした。それに、多少の文法の不手際は、フィールド米人のヤツも手広くやることにも意思がつきました。文法が間違っていても、通じます。けれども、発音が難しいって通じないし、通じても違うワードとして理解されてしまうこともあります。ぐっと日本で、発音を通じておけばよかったという悔恨しましたが、どうにかフィールドにおけるので、フィールドにおける間に、一所懸命発音の開発をしました。債務整理や自己破産を弁護士に東京都江戸川区で相談したい方はチェック!

相当なもので