キッズが小さい頃は

うちには七段飾りのお雛様があります。
私の長女が産まれた来季の初節句に婦人が買ってくれたものです。
キッズが小さい頃は2人で一緒に飾ったものです。
ひとつひとつ氏名を付けて、トップ下の段の置物も氏名を授けるながら年々飾って、片付けてと2人でや

っていました。
キッズが中学生2年生になった時世、俺と長女は大阪へ引っ越しました。
勿論七段飾りのお雛様なんて飾り付けるポジションもありませんし、持って行きませんでした。
のち、俺は病と手術を繰り返し、キッズが20歳を迎えたのを期にキッズは大阪で一人暮らし

をし、俺は自宅へという帰りました。
だが我々家族が大阪へ行くまでお雛様を飾っていた広場には婦人がベッドを運び込み、婦人の部

屋と化していました。
七段飾りを描き出す余白が無くなり、少なくともと思いお人形だけ現すこともありましたが、最近はお

人形さえ出さなくなりました。
キッズは自宅には2者紳士を連れてきたことがあります。
最初は専ら家内として、二人視線はふたりとも正装でやってきて「婚礼狙う意」言われました。
そこで婚礼を許可してキッズは大阪で二人やりくりを始めました。
結婚式とか披露宴は徒労というキッズが言うので、そのあたりは任せました。
ただし、いつまで経っても入籍とめるので「戸籍謄本は締切りがあるんよ」っていうのですが、本籍

職場の目的で悩んでいる空気で「まったく出来ない」とのことでした。
だが、用件があって大阪のキッズのところへ泊めてほしい意伝えた要所「構わんけど…」って

たまたま空気が場違いでした。
2人の新居に行ってみるといったどうも新婚様というよりシェアハウスみたいな感じでした。
「何だか面白いなぁ」と思っているのも束の間「○○様は離れた。俺は都内に行く」といった言

って引っ越してしまいました。
あぁ…お雛様をきちんと出していたらこんなことにはならなかったのか?
いいえそんなことは関係ないよ…けれどももちろん出してあげよう、と思いました。熊本県熊本市で闇金問題を相談する

キッズが小さい頃は