この春

若い頃から宵っ張りで夜型生活を送ってきた僕。
結婚してからも、子供ができてからも、ぎりぎり起きなくてはならない時間にしか起きてきませんでした。
なぜなら、何だか午前は苦手だし、寝起きも悪いし、午前は1取り分1秒も長く寝ていたい、としていたからだ。
も、そんな私の一生がパッといった変わったのは、この春、長男が遠い高校生へ向かうようになった事です。
通学に往き1時間なかばかかりますので、足15取り分で通っていた今までより1時間以来少なく起きなくてはならない、それに今までは給食だったけれど、これからはお弁当になる。
そんなこんなで、今までどうにか頑張って7ら起きていたのですが、この春から長男といった僕は5時半に生ずるようになりました。
5時半に起きるようになると、自然とミッドナイトも速く寝るようになりました。
最初のうちは寝坊してはいけない、という意欲から目覚ましが鳴り渡ると共に飛び起きていました。
意欲がなくなった頃にやばいんじゃないかと思っていましたが、その頃には徹頭徹尾5時半起きの生活に慣れていました。
ちゃんと不思議なものです。
今まで幾度となく、早起き生活に挑戦しようとしてきましたが、何ごと試しても、やっぱり起きられなかったのです。長年の一生ってどうしても一気に変えられるものじゃないって中間あきらめていました。
も、必要に迫られて行ったせいか、半強制的に早起き一生を手に入れる事ができ、ラッキーでした。債務整理や自己破産を弁護士に香川県高松市で相談したい方はチェック!
この春